« [4/2]アメリカンドリームの探索を断念してみる | トップページ | [4/4]テレビを楽しみに待つ »

2006年4月 3日 (月)

[4/3]反省してみる

ニフティのパソコン通信サービスがすべて終了、19年の歴史に幕

1987年4月に開始した@nifty(旧Niftyserve)のパソコン通信サービスが,2006年3月31日に終了しました.当時パソ通といえばニフティとPC-VAN(現Bigrobe)が2台巨頭でした.PC-VANは2001年2〜4月にパソ通事業を終了していますので,今回のニフティのサービス終了が,事実上のパソ通の消滅宣言といっても良いかもしれません.

亭主がニフティに入会したのは,1991年だったと記憶しています.当時はEPSONのPC-286Xにターミナルソフト(WTERM)をインストールし,2400ボーのモデムで通信していました.
 ニフティでは,お絵かき,MIDI,PCハード,PCソフト,プログラミング言語,オーディオなどのフォーラムに参加していましたが,ROM,Downloadが専門で,会議室で発言したことは数えるほどしかありませんでした.接続料金が従量制で,常時接続はおろかテレホタイムすらもない時代です.接続料を最小限に抑えるには,必要なデータを入手したのち速やかに回線を切る必要がありました.

そういえば,ニフティへの支払いはクレジットカードでした.当時学生だった亭主は,支払いのためだけにクレジットカードを作り,それまでNTTから借りていた黒電話をプッシュ回線の留守番電話に変更し,仕送りでカード利用料を払うわけにはいかないと,平日深夜のバイトを始めたりしたのでした.パソ通の歴史が自分自身の歴史にも連動しているようで,懐かしさもひとしおといったところですが・・・

よく考えたらバイト代って,ほとんど交際費と,車の維持費で消えてたような気がするぞ(~-~;)

当時はインターネットを介したビジネスが存在せず,カード決済といえばパソ通の利用料とパソ通経由で支払うシェアウェアの代金くらいだったような気がします.現在はamazonをはじめ,ネット決済のほとんどにカードが使われていて,支出のかなりの部分をカードが占めています.たしかに便利なカードですが、ついつい使ってしまうんですよね。

今年の亭主の目標は「カードをなるべく使わない」だったはずなんですが・・・3月は結構使ったなぁ・・・反省。

« [4/2]アメリカンドリームの探索を断念してみる | トップページ | [4/4]テレビを楽しみに待つ »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [4/3]反省してみる:

« [4/2]アメリカンドリームの探索を断念してみる | トップページ | [4/4]テレビを楽しみに待つ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ