« V603SHを買ってきました(1) | トップページ | V603SHを買ってきました(3) »

2005年2月19日 (土)

V603SHを買ってきました(2)

30分ほどで機種変更を終えたので、一福で刀削麺を食べながら使ってみました。
V601SHからV603SHへ乗り換えての感想。

(1) 四角いです
 以前も、このシリーズは充分に四角いと思っていたのですが、今回はさらに輪をかけて四角いです。携帯電話の「小型化」「デザイン性」という二つのトレンドにあって、この四角さはいかがなものか。たとえば十字キーを使う際に、これまでならば自然に押せていた上キーが、今回はちょっと押しにくいんですね。なぜかといえば、携帯の下の角がマルではなくシカクになって、親指の付け根が角にあたるから・・・手の小さい人だともっと使いづらいかもしれません。

(2) 背面ディスプレイがなくなりました
 以前は、背面ディスプレイを着信メールの内容確認や時計に使っていたのですが、今回からは背面ディスプレイが廃止されてしまいました。時計を持たない亭主にとしてはちょっと不便。画面を外側に向けることも可能ですけれど、液晶画面が外に露出すると壊れそうで怖いです。

(3) 側面にボタンが多いです
 以前はデジカメのシャッターボタンがあったんですが、今回は側面に(M)キー、(C)キー、上下キー、無名キーと5つが並んでいます。どれが何の機能か、自分で設定しないと分からない上に、使っているときにうっかり押してしまうことが多いです(機能が割り当ててなければなにもおきませんが)

(4) Vアプリが高速です
 個人的にやりこんでいる麻雀ゲーム、他家の思考時間が極端に短くなりました。CPUの性能がかなり向上したらしいです。

(5) シャッター音が異様に大きいです
 スピーカがこちらを向いているからなのかもしれませんが、デジタルカメラを使ったときのシャッター音が不自然に大きいです。他の音はそれなりに小さく出来るようですが、盗撮防止のためシャッター音は消すことが出来ません。ラーメン撮ってるときに響くこと響くこと。
 デジカメの画質は、追ってラーメン画像で確認できると思います。

(6) TV、ラジオ機能は(茨城県北部では)使えません
 都内で使うからいいんです(´д`)

(7) SDカードのデータ管理機能は最強に便利です
 従来のJ-SH5x、V60xSHユーザならば、アドレス、着メロ、メール内容、Javaアプリからデジカメデータに至るまであらゆる設定をSDカード経由で転送できます。お店で電話番号を設定すれば、メモリアドレスなどは全部自分で転送可能。亭主がSharp製を使う理由の一番は、実はこれかもしれません。
 なお、SDカードの差込口が埋め込み式になったせいで、取出しが不便になりました。以前はメカ的な機構で、角にツメをかければ簡単に開けられたのですが・・・。

(8) 操作に冗長性がなくなりました
 機能が増えたせいでしょうか。以前は、いろんなルートで到達できたデータフォルダが、今回はメインメニューからしか到達できなくなりました。ショートカットキーを設定するしかないのかな。

« V603SHを買ってきました(1) | トップページ | V603SHを買ってきました(3) »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: V603SHを買ってきました(2):

« V603SHを買ってきました(1) | トップページ | V603SHを買ってきました(3) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ