« ボーナスで何買おう | トップページ | ボーナスで何買おう(完結編) »

2004年12月10日 (金)

ししゃも

ししゃもがうまい。

いや、正確にはカペリン(からふとししゃも)がうまい。

本物のししゃものうまさは、カペリンの比ではない(もっと美味)というけれど、
今日日の庶民にとって「ししゃも=カペリン」なのだから、まあししゃもでもいいのだ。

ガスレンジでこんがりキツネ色に焼いたししゃもは、頭の部分がカリカリ、パリパリと香ばしく、腹のタマゴがプチプチと小気味よく、身の締まった尾の歯ごたえが嬉しい。

一匹でこれだけ楽しめる魚、しかも骨まで食べられて、苦味も生臭みもない魚はししゃもが筆頭だろうか。醤油もレモンもかけずに食べるのが好み。ほのかな身の塩味と皮の焼けた香りがあれば充分うまい。

そういえばししゃもを焼くとき、レンジの中で腹の部分がぽんとはじけて、折角のタマゴが飛び散ってしまうことが往々にしてある。鮮度の問題か、それとも焼き加減の問題か。レンジの中で「ぽん」だの「ぱん」だのという音を聞くたび、勿体無いと思う貧乏性の亭主だ。

« ボーナスで何買おう | トップページ | ボーナスで何買おう(完結編) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ししゃも:

« ボーナスで何買おう | トップページ | ボーナスで何買おう(完結編) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ