« 美味い餃子も・・・ | トップページ | ボーナスで何買おう »

2004年12月 1日 (水)

例のヤツ、やってます

例のヤツ、やってます。

一応勤め人なので、一日に1〜2時間ほど・・・
この手のゲームは、寝食忘れてやりこんでしまうのが常なんでしょうけど、今は疲れるほうが先。「DOOM酔い」の酷い店主はオール3Dのゲームが激しく苦手なので、ほどほどのところで切り上げてます。風邪は引きましたけど酷くならないうちに治りましたし・・・VDT作業は1時間に10分の休憩が必要ですね(謎

さて例のヤツなんですけど、なんというか、非常に牧歌的です。ストーリー上はかなり深刻な状況で、「兄の仇」なの「恩人の仇」だの「かけられた呪いを解け」だのと恨みフツフツのキャラクターが勢ぞろいするんですが、キャラクターからは逼迫感が全然伝わってこないんですね。敵もどこか可愛くて、憎めない。

んで、ふとおもったんですけど、この状況って、「ホントは怖いグリム童話」にわりと似ているんではないかと。子供向けなんだけどどこか残酷で、能天気なエピソードの裏に闇の部分が存在する・・・そんなグリム童話の構成と共通するものがあります。可愛くて憎めないはずの敵を、ぶんなぐったり刃物で斬ったり・・・時代劇や映画にありがちな「勧善懲悪」のエピソードとは正反対の、矛盾に満ちた世界がそこにはあるような気がします。

ファイナルファンタジーや女神転生などの往年のコンピュータRPGは、基本的には勧善懲悪、あるいは正当な理由をもって作中での殺戮を許容しているんですね。例のヤツの原形となったウルティマや、ウィザードリィもしかり。となると例のヤツというのは、数あるコンピュータRPGの中でも異色な「童話」というジャンルに近いのではないかと、思ったりするわけです。

毎年多くのコンピュータRPGがリリースされては消えていく中、このシリーズだけはしっかりと生き残っている、その理由はこんなところにあるんではないか・・・と混乱した頭で考えている今日この頃です。

« 美味い餃子も・・・ | トップページ | ボーナスで何買おう »

PC」カテゴリの記事

コメント

みんなもっと、もっと、もっと(以下1000回続く)ゲーム買ってクレロー!
クソゲーでも買ってクレローヽ(`Д´)ノ

千の人には切実な問題ですよね〜。一応、売り上げは
新記録いくそうだし、人気はまだ衰えずってとこですか…。
業界の底上げになることを期待してます。

ところで、Rちゃん姿見えないけど、コレやってるのかな?
それともカゼが悪化したのかな…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例のヤツ、やってます:

« 美味い餃子も・・・ | トップページ | ボーナスで何買おう »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ