« 今日のお食事(11/22) | トップページ | ケチャップ納豆再び »

2004年11月22日 (月)

積読(つんどく)の本

亭主の本棚には、読んでいない本を積んでおくコーナーがある。
どんな本もこのコーナーに一度はストックされて入手した順番に読まれていくのだけれど、何時までたっても読まれない本がある。今日はそれらの本を紹介したい。

「Cの福音(楡周平)」
 なにやらベストセラーのハードボイルド小説らしいが、30ページほど読んで積読のコーナーに戻した。
 気取った文体、台詞の気障っぽさがハナについて、読む気力が沸いてこない。先ほど少し読み直してみたのだが、男性の台詞が頭の中でことごとくダンディ坂野の声に吹き替えられてしまった。要するにそれだけ白々しい文章。

「眠れぬ夜を抱いて(野沢尚)」
 なにやらテレビドラマの原作者の小説らしいが、50ページほど読んで放り出した。
 脱サラして不動産業を営む夫が、軽井沢だかどこかに別荘を買ったそうで。んでその夫にくっついて別荘にやってきた主婦の話なんだそうで。良くわかんないけど漠然とした不安があるんだそうで。なにが面白いんだか。

「ヒトラーの防具(下)(帚木蓬生)」
 上巻をやっとの思いで読んだのだが、下巻を読む気になれずにもう5年ちかくほったらかしてある。
 第二次大戦前夜、ドイツ人と日本人の混血である青年武官がドイツに派遣された。国際情勢は日に日に悪化、国内でもユダヤ人排斥運動が高まるなか、彼は一人のユダヤ人女性を助けてしまう・・・というのが上巻、だったような気がする。なにやら不穏な雰囲気なのは分かったが、それ以上に惹きつけられるものもなく。シンドラーのリストみたいなものかな、と予想したきりそのまま。

 これらの本は自分で買ったものではなく、実家にあったものだったり、昔住んでいた寮のゴミ捨て場から拾ってきたものだったりする。つまらないから興味がないのか、興味がないからつまらないのか。はてさてどうしたものやら。

« 今日のお食事(11/22) | トップページ | ケチャップ納豆再び »

」カテゴリの記事

コメント

電車通勤が短くなってから全く本を読んでいないぞボク!
Σ(゚ω゚;)
引越し前1時間40分→今6分
本読まないと語彙が減って行くのが実感できてしまう・・

6分はすごいッすね。もう何も考える暇を与えないといいますか。
ホントにどこでもドア感覚ですね。

徒歩時間を入れても最短21分to会社ですょ!
それでも遅刻ばかりしてるのはナゼでしょう(;^ω^)

なぜかしら?(^ω^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積読(つんどく)の本:

« 今日のお食事(11/22) | トップページ | ケチャップ納豆再び »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ