2020年1月 1日 (水)

--/-- ご案内

トップページはこちらです →「Domuya Portal

2017年6月19日 (月)

06/19 【読】 「日本人の英語(マーク・ピーターセン、岩波新書)」

「日本人の英語(マーク・ピーターセン、岩波新書)」


 アメリカ、ウィスコンシン州出身の英米文学・近代日本文学研究者。現在は明治大学政治経済学部にて教授を務めるマーク・ピーターセン氏の1988年著書。英語を学ぶ・話す日本人が陥りやすい誤った英語の言い回しを解説した書。2016年3月には77刷を数えるなど、新書としては驚くほどのロング・ヒットを続けている。続編に「続日本人の英語」「実践日本人の英語」「心にとどく英語」など。


 著者が日本人の奇妙な英語に初めて触れたのは、彼が少年の頃。日本製の小さなトランジスタラジオに記された説明書、そこに書かれていた英語は、ネイティブには到底理解しがたい表現だったという。長じて日本にやってきた著者は、かつて氏が触れた奇妙な表現が依然として日本社会に蔓延していることを知る。冠詞や前置詞、動詞と副詞、関係詞などなどネイティブならば当然ともいうべき言い回しがなぜ日本人には難しいのかを豊富な例文と丁寧な解説で説明している。本書を読むと日本人の間違った英語が「受験の詰め込み教育」や「暗記専門の英語勉強法」などという単純な理由によるものではないことがはっきりとわかる。たとえば自動車は"get in"で、電車が"get on"である理由は歴史に由来し、使い分けは実に明確。ネイティブはその理由を理屈だけでなく、皮膚感覚として体得しているのだという。日本で英語を学ぶ人々がどれだけその理由を知り、皮膚にしみこませているのだろうか。もちろん、日本にはネイティブと同じ皮膚感覚を持って英語を駆使する人が多く存在するので、これが克服できない高い壁や深い溝であるということはない。だが、彼らがそれら壁や溝を学習によって体得したかといえば、いちがいにそうとは言えなさそうだ。


本書を読むと、冠詞や前置詞といった表現は、ビジュアルで説明する方が早いことが分かる。教本や英会話教室では学ぶことのできない、ビジュアルな英語世界を体験した時、英語と英語話者の気持ちが真に理解できるのではないかと、思えてならない。(2017.06.19)

2017年6月18日 (日)

06/18 日々雑感

唐突に実のない話をしてみる。

昨晩、ファミリーマートの夢を見た。会社に行く途中だろうか、昼食を買うため立ち寄ったのだ。店の中はコンビニというよりは古民家カフェといった趣で、店員の女性3人もオーガニックな風合いの服で応対している。客はそこそこ入っている。女子高生やご婦人が多い。

目当てのパンは、金属製ラックの棚に少量づつ置いてある。説明も値段も書いていないので、値段はともかくどんなパンかは外見から判断するしかない。コロネやカレーパンなどもあるが、名称不明のパンのほうが圧倒的に多い。どれも美味しそうである。女子高生がきゃあきゃあ言いながらパンを選んでいる。もしかしたら人気の店なのかもしれない。少し迷って、ブール(丸い形をしたフランスパン)と、ドーナツを手に取った。

レジの前にガラスケースに入ったソフトドリンク売り場があって、お茶や牛乳などが置いてある。紙パックの牛乳と、栄養ドリンクをケースから出す。ところが栄養ドリンクはすでに蓋が開いていて、中身がない。客が飲んで返したのだろうか、とんでもない客がいるものだと思ったが、店員がヨシとしているのだろうか、大事になっている様子もないので、まあそんなものなのだろうと思っておく。

レジで金を払ったところポイントカードを入れておきますのでお使いくださいと、店員がコンビニ袋に何かを突っ込んだ。

見ればTポイントカードである。ああ、以前のWAONカードのとき(つい先日の話)と全く同じだと思ったが、特に湧き上がる感情もない。そういえば、Tポイントカードは現実に持っているものの、結局使っていない。

2017年6月16日 (金)

06/16 Q太郎くんに関する亭主への1問1答

1.なぜ3匹目を飼おうと思ったのか

 妻が以前から小型犬(トイプードル)を欲しいといっていたから。シュナウザー2匹の散歩が大変で、小型犬ならば楽に散歩ができるかららしい。だが小型犬を飼えば散歩が楽になるというものではない。あいかわらず家にはシュナウザーが2匹いるからだ。

2.なぜダップー(カニンヘンダックス×トイプードル)なのか

 一目惚れ。実は以前にもチワックス(チワワ×ミニチュアダックス)の女の子が欲しいと思ったことがあったのだが、飼うと決心するまでには至らなかった。可愛いと、飼うとの間には説明のできない大きな溝がある。そこを埋めたのがQ太郎くん。

3.なぜハワイの名前ではないのか

 ハワイの名前も調べたが、しっくりくるものがなかった。「オハナ(家族)」など女の子に付ける名前ならば候補はいくつかあったのだが、男の子向けの名前がなかなか見つけられなかったのだ。「カイ(海)」という顔でもないし、「ラニ(天国、空)」は死を連想させる。

4.なぜQ太郎なのか

 飼うと決めたものの、しばらくは良い名前が浮かばなかった。妻は和風の名前にこだわっていたようだ。たまたま亭主がEvernoteに作成してあった近所の犬の名前リスト(「犬個人情報」。次にあったときにうっかり忘れてしまわないための備忘録)を見て、そこにあった「きゅうたろう」という名前が気に入ってしまったのだ。「きゅうたろう」は近所のマンションに居るフレンチブルの名前である。ただ、散歩コースや散歩の時間帯が違うせいか最近見かけない。
 当初はカニンヘンダックスの「カニちゃん」だった。動物病院のスタッフもカニちゃんと呼んでいたようだ。

5.Q太郎くん元気?

 むちゃくちゃ元気なのでぜひ見に来てください。

06/16 日々雑感

このところブログの更新が止まっているのは、先週末に酷い風邪を引いてしまったからだ。研修で妻が東京に三日ほど行っていたのでそのあいだ家の留守番をしていたのだが、実際には犬の世話と、リビングでぐったりしているだけだった。犬たちとドッグランにでもいければよかったのだが、その体力がなかった。

Q太郎くんが家にきて半月が経ち、家の中での3匹の立ち位置がほぼ定まった。

まはろくんはQ太郎くんが来ないソファーの上を安全地帯に、皆の行動をじっと見ている「監督」。残り2匹のじゃれあいがエスカレートすると2匹の間に割って入って諫める。

あろはくんはQ太郎くんの「教育係」。安全地帯にいればゆっくりできるにも関わらず、あえて床の上でじゃれてくるのを待っている。Q太郎くんもそれをわかって、しきりにあろはくんにちょっかいを出してくる。

Q太郎くんは「監督」と「教育係」の間ですくすくと育っている。まはろくんにちょっかいを出さないのは、おそらく「大きい兄ちゃん」と認めているからだろう。あろはくんは遊んでくれる「小さい兄ちゃん」。これを序列というかどうかはわからないが、秩序のようなモノができあがっているように見える。

妻は亭主のことを「トイレ係」だという。実際トイレトレーニングがQ太郎くんの課題だ。近くにトイレがあるならば、大はほぼ確実にトレイの上にしてくれる。小も基本的にはトレイでしてくれるが、まだまだ失敗もある。おしっこを溜めることができないので、前回おしっこから15分とたたずおしっこをする。ケージの寝床のタオルにしてしまうこともある。点数でいうと80点、あともう少しだ。

犬の成長は驚くほど早い。生涯を通じて可愛いが、子犬的なあどけなさが見られるのはごく短い時間である。5人家族の末っ子としてこれからどう育っていくか、毎日楽しみに暮らしている。

2017年6月14日 (水)

06/14 【聴】 Everything At Once / John Beltran, Delsin(dsr-d4)

IMAGE

 デトロイト・テクノ第2世代、John Beltranの最新作。Beltranといえば、1990年代はベルギーのR&Sレコードのサブレーベル、Apolloからアンビエント系テクノでメジャーデビューするなど活動当初はデトロイトと少し距離を置いていたようだが、現在はDerrick Mayが主宰するデトロイトテクノ・レーベルTransmatのコンピレーションには必ず参加、デトロイトテクノの代表的アーティストとなった。全17曲。


 デトロイト・テクノといえばオーケストラとのコラボが話題となったJeff Mills、ブラック・ミュージックとしての立ち位置を強めるMoodymannらの活躍が目立つ。Derrick MayやJuan Atkinsらデトロイト・オリジネーターたちの作風とは方向を異にするアーティストが多い中で、Beltranのそれはオリジナルに極めて近い。シンプルで、美麗で、内省的。聴く人のエモーションに訴えかける精神性の高さが本作にも備わっている。(2017.06.06)

2017年6月10日 (土)

06/10 【聴】 Folk Rocker / Stumble Bum, Deep Orange(XQJA-1001)

IMAGE

 井上民雄(Vo., Guitar)と笠原敏幸(Vo., Bass)によるフォーク/ロック・デュオ、Stumble Bumの1stアルバム。2009年、ドラマーの椎野恭一氏が主産するDeep Orangeレーベルからアルバムリリースを果たした。もともと井上氏も笠原氏も1970~80年代からスタジオ・アーティスト、ライブ・アーティストとして数多くのアーティストをサポートしてきた超ベテランである。全9曲。


 現在は横浜を活動の拠点とするStumble Bum。「レイド・バック」(くつろいだ、リラックスしたの意)なアコースティック・サウンドが彼らの音楽の特徴だ。亭主などはこのアルバムを聴いてまずマッシュルームレコード時代の小坂忠を思い出した。素朴な歌いくち、田園風景をモチーフにした牧歌的な歌詞は小坂忠あるいは1970年代フォーク・シーンに直結している。ただ、かつてのフォークに比べると曲の展開がシンプルで、歌詞もメロディラインも地味である。ギターを片手に、心の赴くまま、指の動くまま自由にメロディを紡いでいる、そんなフリースタイルな曲が多い。「そうきばらず、まあゆっくりしていけよ」曲からのメッセージは常に穏やかで、優しい。


 亭主がこのアルバムを聴こうと思ったきっかけは、先日職場の飲み会で行った「楽天酒家おおみか店」にこのアーティストのチラシが貼ってあったからだ。なんとなく渚十吾が指向するオーガニック・サウンドを想像していたが、それよりももっと素朴な、オーガニックやアートといった横文字が似合わない時代のフォークに近かった。格別スタイルを強調することのない、自然発生したかのような彼らのサウンドが、疲れた心と身体に優しく響く。(2017.06.09)

2017年6月 9日 (金)

06/09 Owltech Professional ケース用DCファン2ボールベアリング SF12-S4

少し前に、ScytheのPCケースファンが故障してしまい、まあそれでもなんとかなるかと放置していたのだが、ついに今日、このところの暑さを受けてPCが熱暴走していた。

これはいかんと、PCデポでOwltechの静音ファン、SF12-S4を購入。信頼性の高い山洋電気製Silentシリーズのモータを使用し、1500rpmで17dBにまで騒音を抑えている。このあたりのラインナップはおおよそ18~24dBあたりに騒音が集中しているが、このファンは特別静粛性が高いようである。実際自宅のメインマシンにこのファンを取り付けたところ、ファンが回っているのか、いないのかわからなかった。平均故障間隔も格段に長いようである。さすがヤマヨー製といったところか。

2017年6月 4日 (日)

06/04 亭主ぶらり旅(第1回・新橋)

新橋へ出張した際、最近流行の「ぶらり旅」などしてみようと思いつく。

なに、大したことはない、下調べなしに適当な店に入り、その店の美味いものを堪能してやろういうだけだ。

街は昼時、昼食求めてサラリーマンがごった返すなか、通りに小さな喫茶店があるのを発見する。店先には店名と、「コーヒー」「携帯電話使用お断り」の張り紙があるだけで、他には何も情報がない。重い扉をギイと開けて中に入ると、店内はすさまじい煙草の臭い。

しまったと思った時にはもう遅い、店主らしき人間がこちらを見ている。店内には8席ほど、うち3席に客が座っていて、しかも全員煙草を吸っている。亭主はまったく煙草を吸わないので、においだけでも勘弁してほしくなる。

しかたなく席に座りメニューを見るが、ドリンクしか書いていない。ふと「サンドありません」との書き物があって、食べるものが一切ないことに気が付く。店の人がやってきて、灰皿をゴトンと目の前に置く。しかたなくアイスコーヒーを注文、待っている間に客が二人、三人とやってきて、その誰もが煙草を吸い始める。出されたアイスコーヒーを一気に飲み干し、金を払って店を出た。

愛煙家にとって、食後の一服は何にも代えがたいことは理解しつつ、亭主のような人間にはガス室に放り込まれたような、地獄にも等しい体験であった。

飛び込みで入った店があたりだった、などということはそうそうない。テレビやコミックのあれは周到に事前調査された店なのだ。

きっと。

06/04 【聴】 Plays the Art of Noise / Anne Dudley, Buffalo|U/M/A/A(UMA-1092)

IMAGE

 1983年、ZTT Recordsを主宰したUKの敏腕プロデューサーTrevor Hornが、Anne Dudley、J.J. Jeczalik、Gary Langanとともに立ち上げたユニットがThe Art of Noise。結成当初は正体不明のユニットとして、また大胆なサンプリングが特徴の前衛音楽ユニットとして好事家の注目を集めた彼らの作品を、Anne Dudleyがピアノでセルフ・カヴァーしたアルバムが本作となる。Trevor Hornが所属したバンドBugglesの大ヒット作「ラジオスターの悲劇」カヴァーを含む全16曲。


 Mr.マリック登場のテーマ"Legs"や、富士フイルムの化粧品のCMに使用された"Robinson Crusoe"など、超有名曲のカヴァーを数多く含む本作。Anne Dudleyによるピアノ演奏に加え、ピアノの箱を叩いたり、ピアノ線にモノを置いて音を歪ませたり (いわゆるプリペアド・ピアノの手法)といった様々なアプローチで自らの作品の再解釈を試みている。原曲に比べれば圧倒的にシンプルな楽器編成、しかしシンプルになればなるほど楽曲の前衛ぶり、パンキッシュな側面が際立つ。パンクというととかく演奏スタイルやヴィジュアルが強調されるが、The Art of Noiseのパンクにそういったコケオドシは存在しない。メロディ、アレンジ、ひいては音楽手法そのものが新しい。サンプリング・ミュージックという枠組みを外してもなおユニットとしてのアイデンティティを保ち続ける、The Art of Noiseの凄さをあらためて感じさせる。


 なおピアノアレンジという触れ込みからある種地味な作品を想像するひともいるかもしれないが、想像以上にバラエティ豊かで、変化に富む。亭主もここしばらくはこればかりを聴いていて、お気に入りのアルバムとなっている。(2017.05.25)

«06/02 日々雑感

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ